Top >  下半身ダイエットの基礎知識 >  なぜ下半身太りになりやすいの?

なぜ下半身太りになりやすいの?

上半身より下半身の方が太りやすい理由は確かにあります。


例えば座っている時なのですが、

上半身は肘や指など動いていますが

下半身は、あまり動いていませんよね。


下半身に比べ、上半身の方がよく動かしていますので

下半身太りになりやすいと言えます。


特に女性は子宮を守るという意味もあって

腰の周りやお尻・太ももなどに

自然と脂肪がつきやすいものです。


体の中にはレセプターという

脂肪を貯蔵・放出をコントロールする

受容体があるのですが、特に下半身に多く配置されています。


「下半身」には脂肪を放出するレセプター1個につき

脂肪を貯蔵するレセプターは6個あると言われています。


上半身に比べると約6倍も脂肪を

ため込みやすくなっていると言われています(^‐^;)


さらに、セルライトは

太っている人だけに出来るのではなく

痩せている人にも出来るのです・・・。


セルライトは一般的には

女性のみにできると言われています。


そして、むくみですが、女性は男性に比べると

筋肉が少ないのでリンパの流れが悪く、

むくみやすいのが特徴です・・・(><;)


こういった事から、特に女性は

下半身太りになりやすいのです。

         

下半身ダイエットの基礎知識

下半身のダイエットをする前に
まずは基礎知識だけ知っておきましょう(^‐^)ノ

このカテゴリ内の記事


下半身太りとは?
下半身太りの原因
なぜ下半身太りになりやすいの?


下半身ダイエットの基礎知識

セルライトの原因と対策

下半身ダイエットの要点

下半身ダイエットと体のゆがみの関係

O脚矯正

下半身ダイエットの食生活

下半身のエクササイズ

お風呂で下半身ダイエット

マッサージで下半身ダイエット

デトックスで下半身ダイエット

オススメの足痩せグッツ






Yahoo!ブックマークに登録