Top >  セルライトの原因と対策 >  環境要因型タイプ

環境要因型タイプ

環境要因型タイプというのは、知らないうちに

セルライトができやすくなる生活をしている

という人に当てはまります。


では、セルライトができる生活とは、

一体何なのでしょう?


主に、血行不良や自律神経の低下といえます。


例えば、立ち仕事など立ったままの状態が

多い環境の中にいる人は脂肪細胞周辺が

血行不良になり下半身の血行が悪くなります。


仕事や人間関係の「ストレス」は

自律神経のバランスも崩す要因が多いといえます 。


自律神経の乱れやホルモンの乱れは、

セルライトを増加させる原因のひとつです。


それと、エアコンなのですが冬場は暖房を入れすぎて

部屋の中を暖かくしすぎていたり・・・・


夏場は寒いと感じるほど冷房をきかせたり・・・


エアコンが、ききすぎた環境での生活は

正常な自律神経を低下させてしまいます(><;)


他にも、セルライトの原因となる環境は、


ヒールの高い靴を長時間履いていたり・・・


矯正下着を頻繁に使用していたり・・・


など色々とあります。


特に「ストレス」は自律神経の低下へとつながり

セルライトができやすくなってしまいます。


ですが、現代社会で生きる女性には、

なかなか避ける事ができない環境でもありますよね・・・(^‐^;)


そういう時は、ストレス解消を試みたり、

エアコンの入れすぎに気をつけたりなど

上手にコントロールしていくように努力してみましょう(^‐^)ノ

         

セルライトの原因と対策

セルライトができる主な原因と
対策を紹介していきます。

年齢で言うと、セルライトが最も出来やすいのは
30代前後?50代前後と言われています。

このカテゴリ内の記事


セルライトとは?
代謝低下型タイプ
食事問題型タイプ
環境要因型タイプ
体型別セルライト
セルライトと足痩せの関係


下半身ダイエットの基礎知識

セルライトの原因と対策

下半身ダイエットの要点

下半身ダイエットと体のゆがみの関係

O脚矯正

下半身ダイエットの食生活

下半身のエクササイズ

お風呂で下半身ダイエット

マッサージで下半身ダイエット

デトックスで下半身ダイエット

オススメの足痩せグッツ






Yahoo!ブックマークに登録